さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

温水洗浄便座を安全にお使いいただくために

温水洗浄便座を、故障したまま使ったり、長年使うと、
電気部品が劣化し、発煙発火の恐れがあるそうです。
例えば、
2012/04に発生した、約20年使用した温水洗浄便座の場合は、
「温水洗浄便座の向かって右側半分ほどの本体が焼損。便座コードの被覆が何らかの要因で傷付き、そこへ尿などが掛かり芯線が腐食断線し、トラッキング現象により発火。被覆の傷付き原因は不明。」
とのことです。

詳しい内容は、トイレナビ
「温水洗浄便座の製品事故の調査結果について」と、
温水洗浄便座を安全にお使いいただくためにをご覧ください。

温水洗浄便座・暖房便座を安全に使う3つのポイント

1.まず自分で安全チェック
2.異常があれば販売店、メーカーに連絡を
3.長期間使った製品は点検と買い替えを

温水洗浄便座 セルフ安全チェックポイント

1つでも該当する場合、火災や感電の原因になります。
電源プラグを抜き、止水栓を閉めて、すぐに販売店、工事店またはメーカーへ連絡してください。

1.便座ゴムが外れている、ガタツキがある。
2.便座コードがねじれたり、便座で挟み込んだりしている。
3.便座にひび割れがある。
4.便座が異常に熱いときや、冷たいときがある。
  ↓
便座や便座コードから火が出る場合があります。→①へ

5.製品から水漏れしている(内部の電気製品が被水)
6.操作部のシールがめくれたり、ひび割れたりしている(内部の電気製品が被水)
  ↓
製品内部の電気部品に水がかかり、製品から火が出る場合があります。→①へ

7.電源コードが熱くなっている。
8.電源プラグの差込部が発熱・変色している。
  ↓
火が出る場合があります。
  ↓
①すぐに電源プラグを抜いて、止水栓を閉めてください!
②点検を依頼してください!
スポンサーサイト
[ 2013年05月12日 10:45 ] カテゴリ:パソコンで得られる役立ち情報 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。