さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  パソコンで得られる役立ち情報 >  遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブル激増

遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブル激増

とかく電話勧誘はトラブルの元。
契約・契約変更は、書面を良く確認してからにしましょう。
また、遠隔操作は、プロバイダ(インターネット接続業者)の変更に限らず危険です
遠隔操作を頼む時は十分注意しましょう。

【事例1】大手電話会社からの電話だと思い、プロバイダ契約の内容変更を了解したが、そうではなかった
「A社(大手電話会社)の○○です」との電話がかかってきたので、今、契約している大手電話会社からだと思い、話を聞いた。料金が安くなると言われ、「お客様は何もしなくても良いです」と言われたので、大手電話会社からのサービス変更のお知らせだと思い、サービス変更をお願いした。遠隔操作で切り替え作業をしてもらったが、メールアドレスが変わったことに気付いた。
契約先が大手電話会社ではなかったことがわかったので、契約を元に戻したい。違約金と事務手数料を支払いたくない。
【事例2】
電話勧誘時に書面の交付を求めたが、拒否された。契約後に、書面が届いたが勧誘時の説明と契約内容が違う
【事例3】
通信料が安くなると言われてプロバイダ契約を変更したが、言われたとおり安くならない
【事例4】
電話でプロバイダ変更を勧誘され、よくわからないまま遠隔操作で変更してしまった

[対策方法]
1.契約前に書面の交付を求め、契約内容を完全に理解しないまま電話口で承諾しないようにしましょう。
2.契約先を必ず確認しましょう。
3.サービス内容を確認し、現在の利用料よりも何がいくら安くなるのかをしっかりと確認しましょう。
4.従前のプロバイダ契約の解約によるデメリット等も理解し、新たな契約の必要がなければ、きっぱりと断りましょう。
プロバイダ等の契約は、特定商取引法の適用がないため、電話勧誘で契約したとしても、法律上のクーリング・オフ制度はありません。事業者に対し、あいまいな返事をせず、必要がなければ、きっぱり断りましょう
5.トラブルになった場合は、最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

[参照サイト]
相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意[2014年9月18日:公表]国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140918_1.html
スポンサーサイト
[ 2014年09月20日 14:03 ] カテゴリ:パソコンで得られる役立ち情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR