さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  パソコン活用事例 >  左手の中指1本でパソコンのキーを打つ

左手の中指1本でパソコンのキーを打つ

大東啓子(だいとう けいこ)さん(2014年現在62歳)は、生まれた直後の脳性マヒで、足も手も不自由で、言葉も言えません。ある病院で受診したら「5歳までは生きられない」と宣告されたそうです。
大東啓子さんは、左手の中指1本でパソコンのキーを打ちます。命中率は(思ったキーが打てるのは)10回の内2~3回だそうです。それでもパソコンを活用しています。作文「停電」の中で、次のように書いています。

ある日のこと、家のポストに「停電のお知らせ」という紙が入っていた。
パソコンをしている私にとって「停電」は大問題である。
それ以外は少々の停電では困らないので、午後のひととき本でも読んで過ごすつもりだった。


[参照サイト]
生まれて初めての女子会 京都府 大東啓子
平成26年度「心の輪を広げる体験作文」作品集 高校生・一般部門最優秀賞
http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/26sakuhinshu/kou_saiyushu.html

(平成)17年度心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター作品
佳作 高校・一般市民部門 停電 大東啓子 (京都府)
http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/17sakuhinshu/
http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/17sakuhinshu/sakuhin/17kasaku12.txt
スポンサーサイト
[ 2014年12月19日 14:24 ] カテゴリ:パソコン活用事例 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR