さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。

高齢者の消費者被害 依然として多い

(独)国民生活センターによると、
消費者問題に関する2014年の10大項目の一つに、
高齢者の消費者被害依然として多く 認知症等の被害者も目立つ
があります。
141229国民生活センター 年別相談件数-400契約当事者が65歳以上の相談は、2014年は218,010件寄せられており、
全相談の3割近くを占め、依然多い状況にあります。
高齢者の中でも、特に、認知症等の理由によって判断能力が不十分な状態になっている高齢者の被害も目立ちます。

141229国民生活センター健康-400「健康食品の送りつけ商法」に関する相談件数は激減しましたが、65歳以上の割合は8割以上です。

[参照サイト]
消費者問題に関する2014年の10大項目 国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20141218_1.html
スポンサーサイト
[ 2014年12月29日 11:51 ] カテゴリ:パソコンで得られる役立ち情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR