さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  └認知症 >  75歳以上 運転免許 認知症検査

75歳以上 運転免許 認知症検査

2年以内に施行される改正道路交通法によると、
75歳以上の運転免許所有者は、3年に一度の免許更新時に「認知症機能検査(講習予備検査)」を受け、第1分類になると医師の診断を受け、認知症と診断されたら免許停止、又は取り消しになります。
e15101-leaflet_menkyo.jpg
認知症機能検査(講習予備検査)では、次の3つに分類されます。

第1分類:記憶力・判断力が低くなっている者(36 点以上)
第2分類:記憶力・判断力が少し低くなっている者(0点超 36 点未満)
第3分類:記憶力・判断力に心配のない者(0点以下)


また、「特定の交通違反」を行った場合は、警察から連絡があり、専門医による認知機能に関する診断を受けます。診断結果により、免許の取消しや、停止処分となる場合があります。

[特定の交通違反 対象となる行為]

信号無視、通行禁止違反、通行区分違反(右側通行等)、通行帯違反、進路変更禁止違反、転回・後退等禁止違反、踏切不停止、しゃ断踏切立入り、指定通行区分違反、一時不停止、交差点優先車妨害、優先道路通行車妨害、徐行場所違反、横断歩行者妨害、交差点安全進行義務違反、環状交差点通行車妨害等、環状交差点安全進行義務違反


[参考・参照サイト]
認知症の疑いで医師の診断義務づけ NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150611/k10010110831000.html

講習予備検査(認知機能検査)のご案内 神奈川県警
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83081.htm

チャレンジ講習等のご案内 神奈川県警
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mes83054.htm
チャレンジ講習とは、コースにおける自動車等の運転をすることにより、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車等の運転に著しい影響を及ぼしているかどうかについての確認を行う講習です。
免許証の有効期間が満了する日における年齢が70歳以上の方が受講できます。

講習予備検査(認知機能検査)制度の現状 小禄 茂弘 2010 予防時報 241(PDF)
http://www.sonpo.or.jp/archive/publish/bousai/jiho/pdf/no_241/yj24138.pdf

講習予備検査(認知機能)について 警察庁
https://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/ninti/
検査において利用する検査用紙、イラスト及び検査の採点方法をダウンロードすることにより、検査を体験することができます。
スポンサーサイト
[ 2015年06月12日 14:36 ] カテゴリ:└認知症 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR