さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  さむかわcomニュース >  2015.8.19 さむかわcomパソコン入門教室

2015.8.19 さむかわcomパソコン入門教室

[今日の練習]
1.Excel

(1) 図形矢印内文字中央揃え
20150821excel矢印文字Excelで図形を挿入し、テキストを加えると、中央に揃わない場合があります。初期値では横書き、左寄せ(または均等配置)になっている場合が多いようです。
そこで、文字列の方向:縦書き、垂直方向の配置:左右中央へ変更すると、中央に配置されます。



(2) 家計簿を例に練習しました。
3つの表を横に並べて作りました。
先頭の表の行を追加したり削除したりすると、右2つの表の行も変わってしまいます。
3つの表を縦に並べると見難いのと、列を追加したり削除したりすると、下2つの表の列も変わってしまいます。
影響を受けない表の作り方は?
e15119-201508さむかわcomパソコン入門教室Excel表-2
→影響を受けない作り方は難しそうで、宿題になりました。

行か列か、どちらかは影響を受けざるを得ないようです。
列の追加・削除の方が少ないので、縦に並べる方が良さそうです。



2.Word

Wordで表付文書のサンプルを作成してみました。
簡単な計算ならWordでもできます。
合計{=SUM(ABOVE)}を使ってみました。
右クリック→[フィールド更新]で再計算できます。
20150820word再計算
[参考サイト]
Word の表で計算式を使用する
https://support.office.com/ja-jp/article/Word-%E3%81%AE%E8%A1%A8%E3%81%A7%E8%A8%88%E7%AE%97%E5%BC%8F%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B-cbd0596e-ea8a-485e-a35d-b2cb2c4f3e27?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP


[こぼれ話]

同じ体裁の文書はExcelでも作れます。
それぞれ長所短所があります。
慣れるまでは、用途によって使い分けると良いと思います。
計算がある、グラフを作る→Excel
体裁の良い印刷物を作り易い→Word

Excel(2013) 複数行にまたがる文章を入力する方法
Excel(2013)で長い文章を入力すると、下図の「1」のように、2ページ目に印刷されてしまいます。
e15122-excel複数行

e15122-excelフィル[ホーム]→[フィル]→[文字の割付]を行うと、「2」のように、一見収まりますが、最終行以外(この例では1行目)へ文字を追加すると、「1」と同様に2ページ目に印刷されてしまいます。
また、右端のセルは割付に使えません。使うと次ページ目に印刷されます。

そこで、印刷幅と文字の必要行数のセルを結合し、折り返して全体を表示すれば、「3」のように右端が揃い、かつ、文字や行数の追加・削除にも相対的に柔軟に対処できます。
ただし、それでもセルの幅が変わったり、行数の増減があると、再度セルの結合をやり直さなければならず、Wordより不便です。

e15122-excelセル結合

スポンサーサイト
[ 2015年08月19日 18:07 ] カテゴリ:さむかわcomニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR