さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  パソコンで得られる役立ち情報 >  Google歴史アーカイブ 広島平和記念資料館 長崎原爆資料館

Google歴史アーカイブ 広島平和記念資料館 長崎原爆資料館

Google歴史アーカイブで広島平和記念資料館や長崎原爆資料館の資料が公開されています。

Google歴史アーカイブ(Google CULTURAL INSTITUTE)
http://www.google.com/culturalinstitute/home?hl=ja
世界中のミュージアムやアーカイブから展示やコレクションを検索することができます。
まだ知名度の低いものから傑作まで、さまざまな文化財について非常に詳しく記述しています。
("Google CULTURAL INSTITUTE"のサイトより)

広島平和記念資料館
http://www.google.com/culturalinstitute/collection/hiroshima-peace-memorial-museum
1945年(昭和20年)8月6日、一発の原子爆弾により、広島のまちは一瞬にして廃虚と化しました。大量の放射線を浴び、体を焼かれ、多くの人々が苦しみながら亡くなっていきました。 人から伝え聞いた弟の最期の言葉、ひん死のわが子がつぶやいた言葉、最期に発せられた言葉は、時を経ても、遺族の心から消えることはありません。 数多くの遺品には、遺族の「こんな思いは誰にもしてほしくない」、「原爆も戦争も、あってはならない」との切なる思いが込められています。
("Google CULTURAL INSTITUTE"のサイトより)

[展示品の例]
八月十一日 二朗はいよいよ容体が変わってしまった。
呼吸も細っていく中でかすかに「アイスキャンディ下さい お金がないから貸しといて」と、言っていました。
主人が五十銭札を手に握らして「これで買って食べよ」と言っていましたが、だんだん静かになり、午前九時過ぎ、皆に見守られて安らかに眠ってしまいました。
自らの死も知らず「母を助けて」と近所の人々に頼み、水をくんで崩れた階段をのぼり、二階まで運び、火を消してくれたり、精一杯の事をして死んでゆきました。
母・勝子さんの手記「原爆記」から

長崎原爆資料館
http://www.google.com/culturalinstitute/collection/nagasaki-atomic-bomb-museum?projectId=historic-moments&hl=ja
1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、長崎に投下された一発の原子爆弾により、街は壊滅的な被害を受け、多くの尊い人命が奪われました。 私たちは、この苦難を乗り越え、美しい故郷を取り戻すために努力しました。そして被爆地の使命として、核兵器による惨禍が再び繰り返されることのないよう、核兵器廃絶と恒久平和の実現を世界に訴え続けていきます。
("Google CULTURAL INSTITUTE"のサイトより)

[参考サイト]
Google、広島・長崎の原爆資料を公開
http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/19/google_google_n_3782703.html
スポンサーサイト
[ 2013年08月21日 10:00 ] カテゴリ:パソコンで得られる役立ち情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR