さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年夏 異常気象と地球温暖化

・2013年夏の日本の天候は、極端な天候となりました。
<気 温>
①夏平均気温:西日本 +1.2℃(統計開始以降第1位)、東日本 +1.1℃(同第3位タイ)、沖縄・奄美 +0.7℃(同第2位タイ)。
②日最高気温の記録更新:高知県四万十市江川崎(8月12日、41.0℃)
③今夏に日最高気温の高い記録を更新した地点は143地点(タイ記録を含む)
<大 雨>
④日本海側の地方を中心とした多雨:東北地方の7月の降水量平年比 182%(統計開始以降第1位)、北陸地方の夏の降水量平年比 151%(同第4位)、山口県、島根県、秋田県、岩手県の一部地域では、過去に経験したことのない豪雨に見舞われました。
<少 雨>
⑤東・西日本太平洋側と沖縄・奄美の一部地域の少雨:九州南部・奄美地方の7月の降水量平年比 11%(統計開始以降第1位)、東海地方の夏の降水量平年比 64%(同第3位)

・気温の長期変化傾向
都市化の影響が小さい観測地点で平均した「日本の夏の平均気温(参考図5)」は統計を開始した1898 年以降長期的に上昇しており、「猛暑日の年間日数(参考図6)」は1931 年以降増加傾向が明瞭に現れています。これらの傾向には二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響が現れているとみられます。
nihonnatsuheikin20130902.jpg
mousyobi20130902.jpg

(平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について~ 異常気象分析検討会の分析結果の概要 ~http://www.jma.go.jp/jma/press/1309/02d/extreme20130902.htmlより)
スポンサーサイト
[ 2013年09月03日 18:24 ] カテゴリ:パソコンで得られる役立ち情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。