さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ

さむかわcomの「お知らせ」や「活動内容」を発信しています。
さむかわcom-寒川 IT支援ボランティアグループ TOP  >  スポンサー広告 >  参考情報 >  佐藤真海(まみ)さんのプレゼンテーション(オリンピック東京招致)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佐藤真海(まみ)さんのプレゼンテーション(オリンピック東京招致)

2020年オリンピック開催地招致を巡って、2013.9.7のIOC総会で、日本のプレゼンテーションも行われました。
その中から、佐藤真海(まみ)さんのプレゼンテーションを転載します。

Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=kL8p2Dw2Ayk


全文(英文・日本語訳)
「五輪招致」を勝ち取ったプレゼン(NHK NEWS WEB)
http://www3.nhk.or.jp/news/0904olympic/presentation.html

全文(日本語訳)
IOC総会・プレゼン内容
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/olympic_candidate_tokyo_presentation_n_3886260.html

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130908/oth13090801230002-n1.htm

[日本語訳-部分]
19歳の時に私の人生は一変しました。
私は陸上選手で、水泳もしていました。
また、チアリーダーでもありました。
そして、初めて足首に痛みを感じてからたった数週間のうちに、骨肉種により足を失ってしまいました。

もちろん、それは過酷なことで、絶望の淵に沈みました。
でもそれは大学に戻り、陸上に取り組むまでのことでした。

私は目標を決め、それを越えることに喜びを感じ、新しい自信が生まれました。
そして何より、私にとって大切なのは... 私が持っているものであって、 私が失ったものではないということを学びました。

[英語-全文]
Mr President… Distinguished members of the IOC…
I am Mami Sato.
And I am here because I was saved by sport.
It taught me the values that matter in life.
The values that Tokyo 2020 is determined to promote worldwide.
Today, that global vision will be outlined by:
President Tsunekazu Takeda…
Prime Minister Shinzo Abe…
Governor Naoki Inose…
Bid CEO Masato Mizuno…
Bid ambassador Christel Takigawa...
And double silver medallist Yuki Ota.
Please allow me to return to my story.
I was nineteen when my life changed.
I was a runner.
I was a swimmer.
I was even a cheerleader.
Then, just weeks after I first felt pains in my ankle, I lost my leg to cancer.
Of course, it was hard.
I was in despair.
Until I returned to university and took up athletics.
I found that I enjoyed setting a goal - and beating it.
I developed new confidence.
Most of all, I learnt that what was important was what I had, not what I had lost.
I competed at the Paralympic Games in Athens and Beijing.
I felt privileged to have been touched by the power of sport.
And I was looking forward to London 2012.
Then came the 11th of March 2011.
The tsunami hit my hometown.
For six days I did not know if my family were still alive.
And, when I did find them, my personal happiness was nothing compared to the sadness of the nation.
I collected messages from schools and took them home…
And shared with the people my own experiences. I also took food supplies.
And other athletes did the same.
Together, we organised sport activities to help restore confidence.
Only then did I see the true power of sport…
To create new dreams and smiles.
To give hope.
To bring people together.
More than 200 athletes… Japanese and international… making almost 1,000 visits to the affected area… are inspiring more than 50,000 children.
What we have seen is the impact of the Olympic Values as never before in Japan.
And what the country has witnessed is that those precious Values… Excellence, Friendship and Respect… can be so much more than just words.
スポンサーサイト
[ 2013年09月09日 12:17 ] カテゴリ:参考情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

samukawacom

Author:samukawacom
「さむかわcom」は、寒川町内のご高齢の方や障がいのある方を主な対象に、パソコンを使って、インターネットやメールなどの使い方を支援するボランティア活動をしています。

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。